ENEHAND(エネハンド)のことなら株式会社NEXTAGE

エネハンド(ENEHAND)

フォーアールエナジーENEHAND CHB-240A03 フォーアールエナジー EHB-240A030

エネハンドとは?

エネハンドって何?

従来の蓄電池としての機能はそのまま保有しながらEV車への充電が出来る国内初の家庭用充電器です。
もしもの時の備えはもちろん(家まるごとバックアップ)自家用車の燃料コストも1/10程度まで抑えることができます。

エネハンドの特徴は?

蓄電機能付き充電器エネハンドの最大の特徴は、深夜の安い電気を利用してEV車に充電するのと同時にエネハンド本体に蓄電が出来ることです。言い換えると、自家用車の燃料費コストを抑えることと同時にご家庭の電気代も節約できる2WAY機能を持っています。
さらに、太陽光発電システムと組み合わせると昼に発電した電気を貯めて、夜に使うことで電気を買うことの無い地産地消の生活が現実のものとなりつつあります。EV車と省エネ住宅(スマートハウス)の融合による次世代のゼロエネルギーハウス(ZEH)は今後注目されることになりそうです。

エネハンド充電器のメリット

EV車への充電機能(普通充電)

深夜の割安な電気を充電する事で車の走行コストは格段に下がります。もちろん、昼間に充電する場合でも深夜に貯めておいた電気を優先して使う事ができるので、省エネ効果は抜群です。

【例えばひと月に1.000km走行したら】

月額9,120円おトクです!

蓄電池とは?

蓄電池って何?

蓄電池の最大の特徴は「電気を蓄えておくことができる」ということです。
電気はその性質上「貯める」ということが難しいのですが、家庭用蓄電池であればご家庭で使う電力を貯めることができ、好きなときに使うことができるのです。

リチウムイオン蓄電池の特徴は?

リチウムイオン蓄電池は、現在実用化されている2次電池(使い切ったら充電して何度でも使用できる電池)の中で最もエネルギー密度が高く、高い電圧が得られるため、ノートパソコンや携帯電話などのバッテリーによく使われています。
また、大きな特徴の一つに他の電池と違って劣化しにくいという面があります。
さらにリチウムイオン蓄電池は小型でパワフル、急速充電可能であることから、近年では電気自動車にも使用されているなど、次世代のエネルギーとして注目されています。

蓄電池のメリット

蓄電池の経済効果

電力会社の料金メニューで深夜料金の安いメニューに切り替えて、その深夜帯に蓄電池へ充電し、電気料金の高い朝・夕や昼間の時間帯に、蓄電池に貯めた電力を使う事ができるため、月々の電気代をお安くできます。ガス代がゼロになるオール電化と一緒に使うと、その経済効果はさらに高まります。

蓄電池のみの使用で電気代約20%CUT!蓄電池、オール電化※1の使用で光熱費約57%CUT!
蓄電池、太陽光発電を使用すると、省エネモードで電気代約49%CUT!W発電モードで売電効果約4倍※2にUP!W発電モードで電気代約13%CUT!(当社試算)
※1 停電時にオール電化が使用可能なのはフォーアールエナジー製のみ
※2 総発電量に占める余剰売電量が19%の場合

ピークシフトで月々の電気代を削減 太陽光発電と組み合わせて電気代をぐーんと節約

貯めナイト メリット1 ピークコントロールで月々の電気代を削減

蓄電池を上手に使うことにより、安価な深夜電力を活用します。 電気料金の高い朝晩などは、前日深夜に充電した電力を使用することで、効率よく光熱費を削減します。

割安な深夜電力を電力の高い時間にシフトすることで1日の電気料金が約20%おトク!!

東京電力「おトクなナイト10」

東京電力「おトクなナイト10」では10時間に設定しています。
夜間のご使用量の割合を高くしていただくほどおトクになります。

午前8時から夜10時までは34.56円、それ以降の夜間は12.41円

※東京電力の「おトクなナイト10」をご契約いただいた場合、22時~翌朝8時までの電気料金が1kWあたり12.8円。
※蓄電池使用時以外は「おトクなナイト10」の通常料金を使用。
注)季節、時間により変動します。

貯めナイト メリット2 太陽光発電と組み合わせて電気代をぐーんと節約

太陽光発電システムと蓄電池を組み合わせることで、深夜の割安な電気のご使用と太陽光発電の売電効果で電気代がぐーんとお安くなります。

省エネモード活用時 電気代がもっとも高い時間帯に蓄電池をフル活用することで電気代が削減できます。

太陽光発電システム4.50kWを設置した場合
電気代約49%削減!!

【シミュレーション条件】【東京電力「従量電灯(B)30A契約」と「おトクなナイト10」による比較】
太陽光での発電時間は8:00~17:00。余剰分は売電。蓄えた電力は太陽光での発電時間以外で最も電気料金が高い時間帯に使用。太陽光発電と蓄電池導入前の電気料金を約12,000円/月の家庭で算出。太陽光発電の売電については考慮せず。

【年間発電量】4.50kWでの年間発電量:4,500kW  【条件】モジュール変換効率:15.1%のモジュール22.5枚を真南0°/傾斜角度5寸(26.6°)で設置

ダブル発電モード活用時 蓄電池に蓄えた電力を使用することで自家使用電力をカバー。太陽光発電による売電量をUPします。

太陽光発電システム3.50kWを設置した場合
ダブル発電で売電効果が4倍アップ! ※総発電量に占める余剰売電量が19%の場合

【※Aシミュレーション条件】【東京電力「従量電灯(B)30A契約」で600kWh(1ヶ月)使用】
太陽光での発電時間は8:00~17:00。太陽光発電と蓄電池導入前の電気料金を約18,000円/月の家庭で算出。余剰分は売電。蓄電池に蓄えた電力は、売電時にフル活用。

【年間発電量】350kWでの年間発電量:3,557kW
【条件】モジュール変換効率:15.1%のモジュール219枚を真南0°/傾斜角度5寸(26.6°)で設置
太陽光発電のみの場合:※1【年間売電電力量】19%【年間自家消費電力量】81% W発電:※2【年間売電電力量】100%【年間自家消費電力量】0% ※1・2【売電価格】太陽光発電のみ@38円/kWh W発電@31円/kWh

【※Bシミュレーション条件】【東京電力「おトクなナイト10」電灯契約に変更 蓄電容量11kW使用】

さらに電気代 約13%削減!!

災害時の備えは万全ですか?

いざと言う時の電源確保に強い力を発揮します。オール電化住宅を含め※、家まるごとバックアップしますので、ご家族で安心した生活を送れます。

従量電灯75A契約の場合

蓄電池があれば、24時間の電力供給が可能です。
大雪による停電時 ゲリラ豪雨による停電時 竜巻による停電時

補助金について

充電器の補助金制度概要

電気自動車、プラグインハイブリッド自動車へ電気を供給する設備等の普及を促進することによって、次世代自動車の更なる普及を促進し、内外の経済的社会的環境に応じた安定的かつ適切なエネルギーの需給構造の構築を図ることを目的とします。

平成26年度補正予算「次世代自動車充電インフラ整備促進事業費補助金」

施行団体
一般社団法人次世代自動車振興センター(NEV)
予算額
総額300億
申請期限
2015年3月10日~12月28日
報告期限
2016年2月12日

※詳細は、以下ホームページをご参照ください。

http://www.cev-pc.or.jp/hojo/hosei_index.html
フォーアールエナジー 充電器の実質負担額
蓄電機能付き充電器ENEHAND 本体320万円 工事費(仮)40万円 合計360万円 一般住宅・法人・事業所等の場合※(本体1/2+工事費5万円)経済産業省補助金165万円 補助金差引後負担額195万円※その他への設置の場合は補助金額が異なります。

蓄電池の補助金制度概要

電力需給対策の一環として、一般家庭及び事業所等で定置用リチウムイオン蓄電池の導入に際し、設置する機器及び付帯設備費用を補助し、電力使用の合理化の取り組みを促進します。

平成26年度補正予算「定置用リチウムイオン蓄電池導入促進対策事業費補助金」

施行団体
一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)
予算額
総額130億
申請期限
2015年3月30日~12月28日
報告期限
2016年1月29日

※詳細は、以下ホームページをご参照ください。

http://sii.or.jp/lithium_ion26r/

自治体からの重複受給もできます。詳しくは各地方自治体のホームページをご確認ください。

フォーアールエナジー 蓄電池の実質負担額
リチウムイオンバッテリーシステム「EHB-240A030」「EHB-240A03B」 基準金額(目標金額)216万円(103万円) 工事費(仮)40万円 合計256万円 経済産業省補助金75万円 補助金差引後負担額181万円※端数は切り捨てています。